葬儀の供花について

「葬儀 千葉」の事に関する情報サイトです。
千葉の葬儀の会場にお花をおくりたい時に注意しておきたいこと、花の注文は会社に直接依頼する

葬儀の供花について

葬儀でお花をおくることは供花といいます。

供花に対する考え方や作法は、宗旨や宗派、千葉でもその地方のならわしによって変わります。

親族の間での供花の場合は、葬儀社がまとめて花を注文することが多いでしょう。

葬儀に関する連絡を受けたら、相談ができるなら祭壇にお供えするものや供花などをあわせて、遺族間で話し合って決めることもあります。

細かなことは、葬儀社に問い合わせをするのがスマートです。

葬儀前後はあわただしく過ごしているので、葬家に直接電話などをかけることは避けるようにしましょう。

個人的に供花をしたいと思ったら、会場と日程がわかればおくることは可能です。

葬儀会場へ連絡して、日程と葬家を伝え担当の葬儀社の連絡先を聞きます。

千葉の葬儀社が持っている会館などを会場にする場合には、そのまま供花の依頼ができます。

葬儀社へ連絡してそちらに注文するようにすれば、間違いなく供花ができます。

同じ会社が手配することで、葬儀の祭壇に統一感が出ます。

場合によっては他社からの供花を受けてくれないところもありますから、直接葬儀社への注文をするのが基本です。

急ぎの手配であっても、お通夜が始まる3時間前には依頼の電話をかけないと、会場に間に合わなくなります。

お花の準備をしたい時は、できるだけ早めに電話をしましょう。

供花が間に合わなかった時は、葬家の自宅におくるように手続きをすることもできます。

初七日から四十九日の間に間に合わせるようにします。