千葉の葬儀で、法要と法事の違いを聞かれてしまいました。

「葬儀 千葉」の事に関する情報サイトです。
千葉の法要と法事の違いもそうですが、住職とお坊さん・僧侶、会食代と御膳代。呼び名だけでもいろいろあるのが葬儀の世界です。覚えておきましょう。

千葉の葬儀で、法要と法事の違いを聞かれてしまいました。

法要と法事の違いもそうですが、それ以外にも紛らわしい呼び方・意味の違いが、葬儀の関連にはたくさんあります。

覚えておきましょう。

■いろいろあってむずかしい呼び方。

そもそもお布施とは何なのとか、ご住職とかお坊さんと言ったりするけれど、正しい呼び方はあるの?またお坊さんには御膳代などといってお渡しするけれど、会食費ではダメなのといった疑問が多々思い浮かびます。

葬儀はそれほど日常的にあることではないので、専門用語やマナーを覚えるのはたいへんです。

厳密にはご住職とお坊さんなどの呼び名は宗派によって異なりますが、現代ではどのように呼んでも、慣例として通ってしまっています。

■法要と法事は何がどう違うのか。

ところで法要とか法事という言い方をしますが、その意味の違いは何でしょうか。

一言で表現すれば、故人を悼んで行なう読経や儀式のことを法要といいます。

あくまでも故人に対する儀式です。

法事とはその法要も含んで、親戚一同やご近所の人たちが集まって行なう行事全般のことを指します。

したがってご住職とともに囲む食事(会食)も法事の中に入ります。

葬儀後の納骨も法事の1つです。

■法要は法事に含まれる儀式の1つ。遺族やご近所が集まって行なう儀式の全体を指して法事と呼びます。これは千葉でも同じです。

私たちは「葬儀に参列する」など、葬儀のときは特別な呼び方をしますが、一周忌、三回忌などになると法事と言ったり法要と言ったりします。

厳密には上記のような違いがあるので覚えておきましょう。

千葉であっても、この解釈に特別な解釈はないはずです。