キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 経験を通して考える自分の葬儀 : 千葉で解決!葬儀の悩み

経験を通して考える自分の葬儀

「葬儀 千葉」の事に関する情報サイトです。
自分の葬儀を準備することは人生を全うすることと同じ、千葉で考える理想の送られ方とは

経験を通して考える自分の葬儀

実際、身近な家族の死後、葬儀に出したことのある人は、初めてのことで右も左もわからないままに時間に追われて手続きを行ったことでしょう。

果たしてあの葬儀が故人の理想の葬儀だったのだろうかと後になって悩んで、取り返しのつかない思いをすることが多いものです。

というのも、人は一生にそれほど何度も身近な人を葬儀に出すという経験をしないものだからです。

親の葬儀を取り仕切って初めて、葬儀というものを身近に感じたという経験をした人も少なくないのではないでしょうか。

▼おすすめ関連コラム=>葬儀は人生の卒業式 お祝いの意味を考える |コラム|NIKKEI STYLE

振り返って自分の葬儀に関しては、こんな風でありたい、こんな風にやってほしい。

せめて知らないうちに多額の金額を請求されたり、故人とそれほど親しくもない人が次々にやってきて、静かに見送りができないようなことにはならないで欲しいと感じていませんか?

まずは子どもたちと座って、一緒に自分の葬儀について前向きに準備していることを話せる親子関係が理想です。

とはいえ、千葉から離れて暮らす子供たちに葬儀のことで負担をかけたくないと思えば、余計に前もってはっきりとした希望を整理しておくことが大切でしょう。

自分らしい葬儀、遺された人に迷惑のかからない葬儀の形を考えてみることは大切です。

千葉の葬儀社の中には、前もって自分の葬儀を予約しておけるところも少なくありません。

自分の意思表示がはっきりできる時に、自分らしくて親しい人が集まりやすい葬儀の形をあらかじめ予約して残すという方法は、自分の老後を考えるうえでも前向きなことです。

最期まで、自分の人生を全うしたい人の考え方ともいえます。