キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 菩提寺がない家族の葬儀 : 千葉で解決!葬儀の悩み

菩提寺がない家族の葬儀

「葬儀 千葉」の事に関する情報サイトです。
僧侶を探してお経を読んでもらう菩提寺のない仏教徒の葬儀、千葉のお布施が定額設定されているコースは安心感がある

菩提寺がない家族の葬儀

身近な家族が亡くなるまで、檀家として長く付き合いのある寺院がなかった場合、それでも仏式で葬儀を行うとした場合には、自分たちで僧侶の手配をしなければなりません。

葬儀にはお坊さんに来ていただいて、お経をあげてもらわなければならないのですが、付き合いのある寺院がないので、お坊さんをお願いすることができないのです。

そんなケースでは、葬儀社が僧侶の手配をしてくれます。

多くの場合、こうしたお坊さんに渡すお布施は定額扱いになっていて、お布施にお坊さんの千葉への交通費、お料理代、心づけなどが含まれます。

お布施は葬儀代金の隠れた出費として知られる項目です。

定額で最初から決まっているのは楽ですよね。

追加料金のない明朗な設定のところは安心できます。

料金設定が存在しない場合は、インターネットで解説されているサイトを参考にしながら金額を決めるのがいいでしょう。

>>参考サイト:http://www.jp-guide.net/manner/sa/sougihiyou.html

僧侶といっても宗旨や宗派で読むお経も違います。

自分たちがどの宗旨の信者なのかがわからないということは少ないとは思いますが、あらかじめ整理しておきましょう。

仏教のどの宗派なのか、あるいは神道やキリスト教などの手配が必要なのかによって、手配も変わってきます。

すでに菩提寺がある場合は、葬儀から先の全ての手続きは菩提寺によって執り行われます。

他の僧侶に依頼することはできませんので、菩提寺と直接連絡を取ります。

この場合には、お布施の金額なども定額というわけにはいきません。

菩提寺と檀家の関係性や、実際にお経を読んでもらう僧侶の格、人数などの上に適当な金額を支払うということになります。

非常にわかりにくいのがその金額ですが、菩提寺や千葉のその地方のならわしにしたがって支払う金額も変わってきます。